老人性うつ病

高齢者がかかってしまう心の病気、老人性うつ病って一体どんな病気なんでしょうか?老人性うつ病がどのような病気なのか、その症状や特徴について検証しながら、詳しく解説します。

老人性うつ病とはどんな病気?その症状や特徴について詳しく解説!

老人性うつ病とは?

幅広い年齢層で発症する可能性があるといわれるうつ病ですが、老人でもうつ病にかかってしまうことがあります。
これを老人性うつ病と言います。

老人性うつ病とは、喪失感などがきっかけとなって、ノルアドレナリンやセロトニンといった脳内ホルモンの分泌に異常をきたし、不快症状や不安感などの症状が表れる病気です。

老人性うつ病は、認知症によく似ていて、自殺願望を抱くこともあるというのが特徴です。

老人性うつ病の症状

老人性うつ病は、認知症に似ているという特徴はありますが、人によって症状は様々です。

老人性うつ病になってしまうと、一日中ボーっとしたり、イライラしたり、何にも関心を示さなかったり、不眠症になったり、食欲がなくなったり、突然怒りだしたり・・。
こうした状態が2週間以上続けば、老人性うつ病の可能性があるので、専門医で診察を受けるようにしましょう。

老人性うつ病を予防するには?

老人性うつ病は、引っ越しなどで環境が大きく変わったり、友達や配偶者が亡くなるなどして激しい喪失感に襲われた時に起こりやすい病気です。

環境の変化による精神的なダメージが引き金となって、症状が表れるという特徴があります。
そのため、老人性うつ病を予防したいなら、少しでも精神的ダメージを減らせるよう、できるだけ心地良く感じられる環境へと導いてあげることが重要です。

Copyright © 老人性うつ病とはどんな病気?その症状や特徴について詳しく解説! All Rights Reserved.