老人性うつ病とはどんな病気?その症状や特徴について詳しく解説!TOP > 老人性うつ病はどんなきっかけで発症するのか?その原因について解説

老人性うつ病はどんなきっかけで発症するのか?その原因について解説

老人性うつ病って、環境的な要因が影響しているようですが、一体どんなきっかけで発症するものなんでしょうか?老人性うつ病を招いてしまう原因について詳しく解説します。

身体的疾患が招く老人性うつ病

老人性うつ病になってしまう原因は様々ですが、その一つとして挙げられるのが、身体的疾患によるうつ病です。

老化による脳機能の低下、脳の病気、脳梗塞の後遺症などが原因となって、老人性うつ病を招いてしまうことも・・。
老人性うつ病の症状が表れたからといって、原因はみんな同じではありません。

身体的疾患によって老人性うつ病になることもあるので、このような場合は、単なるうつ病の治療だけではなく、身体的疾患に対する治療も必要です。

精神的ダメージが招く老人性うつ病

老人性うつ病になる原因として、身内や友達が亡くなったり、環境が変わることによるストレスなど、精神的ダメージが引き金となっていることが多いそうです。

こうした喪失感が原因で発症するという老人性うつ病は長引くのが特徴で、一旦治ったとしても、再発する危険性が高いそうです。

老人性うつ病の原因となる精神的ダメージを受けた場合には、なるべく安心して生活できるように、周りが配慮してあげることが大事なんでしょう。

老人性うつ病の対処法

身体的原因や、精神的ダメージなどが原因で老人性うつ病になってしまった場合、原因によって対処法も違ってくるので、周りの家族は対処法を間違えないように注意しましょう。

老人性うつ病の人に対しては、がんばれなどの励ましの言葉や、アチコチ連れ回すのはNGです。

老人性うつ病は、安心してゆったり生活させてあげることが大事なので、症状を悪化させないためにも、対処法には気をつけましょう。