老人性うつ病とはどんな病気?その症状や特徴について詳しく解説!TOP > 老人性うつ病は食事療法がおすすめ!?どんな食べ物が良いのか解説!

老人性うつ病は食事療法がおすすめ!?どんな食べ物が良いのか解説!

老人性うつ病にはどんな食べ物がおすすめなんでしょうか?老人性うつ病に効果的な食事について詳しく解説します。老人性うつ病の家族がいて、食事療法で悩んでいる人、必見です。

老人性うつ病と食事の関係

老人性うつ病は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどの機能が低下することによって起こる精神疾患です。

セロトニンはアミノ酸から作られているので、老人性うつ病を改善したいなら、食事を見直すことが重要です。
良質のタンパク質が摂れる食事や、セロトニンの材料となるトリプトファンを含む食事を毎日摂るよう心がけましょう。

どんな食べ物がいい?

老人性うつ病の食事として最適なのが、納豆・豆腐などの植物性タンパク質と、卵・肉・魚などの動物性タンパク質をバランスよく摂ることです。

また、トリプトファンを豊富に含んでいる牛乳や大豆製品、まぐろ、バナナ、卵黄、ヨーグルトなどを3度の食事でしっかり摂れるよう心がけましょう。

老人性うつ病は、脳内ホルモン生成の減少が原因なので、脳内ホルモン生成を増やすために、正常な人よりも、たくさんのタンパク質を摂取できる食事を摂るようにしましょう。

効果的な食事療法

老人性うつ病の食事療法として効果的なのは、やはりバランスのいい食事を心がけることと、1日3食、決まった時間にきっちり摂ることです。

また老人性うつ病は和食の方が、症状が軽くなるようなので、和食中心の食事を摂るようにしましょう。

老人性うつ病はセロトニンなどの機能低下が原因なので、セロトニンを増やすという卵黄や牛乳、ナッツなどに加え、セロトニンを作るのに必要なビタミンB群やマグネシウムもしっかり摂れる食事内容を考えましょう。